バンク解禁前シングル 壁ポリゴンZ

パーティのコンセプトはポリゴンZを始めとした突破力の高い積み技持ちステロ及びでサポートする単純な構築。
壁展開のパーティを組む上で、初手の持ち物が見えないガブリアスのように壁貼りのコケコを縛られているかもしれない状況を消すためにクッション役として先発襷マンムーにステロ及び削りの役割を持たせ、比較的安全に壁を展開させることができる。
場を整えることに2匹使用してしまうため残り1匹に求められる突破力が大きいという欠点をポリゴンZの性能ならカバーできると考えマンムーコケコポリZの3匹を軸に構築を開始。

  
使用期間は年末までくらいなので少し古めで、レートは1900代後半から2100あたりをうろつく感じ。
使い始めた初期の頃に比べてチョッキ持ちの瓦ブルルやマンムーが徐々に数を増やし、選出段階でどうしても択が発生するようになってきたため別のパーティへ移行

  
ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
マンムーじしんこおりのつぶてほえるステルスロックきあいのタスキ
いじっぱり 207(172)-166(4)-127(212)-*-96(124)-101(4)どんかん
ガルーラの猫捨て身高確率耐え、キュウコンの吹雪2耐え、コケコの珠シャイン乱2(6.3%)
カプ・コケコしぜんのいかりちょうはつリフレクターひかりのかべひかりのねんど
おくびょう 167(172)-*-116(84)-*-95-200(252)エレキメイカ
フェローチェの珠どくづき耐え
ポリゴンZ10まんボルトれいとうビームあくのはどうテクスチャーノーマルZ
ひかえめ 161(4)-*-90-205(252)-95-142(252)てきおうりょく
ガラガラポリゴンの交代連打に一貫する悪の波動で採用
カイリューげきりんじしんほのおのパンチりゅうのまいホノオZ
ようき 167(4)-186(252)-115-*-120-145(252)マルチスケイル
ドラゴンZやジメンZで倒せる範囲が変わる、ホノオZはテテフ、ガルド、カグヤあたり
ハッサムバレットパンチどろぼうつるぎのまいはねやすめハッサムナイト
いじっぱり 161(124)-199(244)-120-*-100-113(140)テクニシャン
Aは対マンダを、Sは対最速ガラガラから少し色を付けてガルドまで意識
カプ・テテフサイコキネシスサイコショックムーンフォースめざめるパワー炎こだわりスカーフ
おくびょう 145-*-95-182(252)-136(4)-161(252)サイコメイカ
汎用性が高く、壁以外の選出にも厚みが出てくる
  
  
ボーマンダではなくカイリューを選択している理由
ハッサムとの同時選出からお互いが活きる場面の多さに期待しているためメガが被らない方を選択
・壁込みの耐久を考えるとマンダよりもカイリューの方が少ない被弾回数で必要な分だけ舞うのに適していると感じた
・自分の強さを殺さずに炎技を採用できる

  
という理由です。
残りのテテフが特別壁を活かしたポケモンというわけではありませんが、単純にスペックが高いため壁を使用しない選出に厚みが出ることを期待しての採用。
  
以下採用理由&個別考察

続きを読む

バンク解禁前シングルキャラランク

"使われて厄介か"ではなく"自分が使う側になったときに勝ちきれるポケモンか"というのを重視したものです。
純粋な性能の高さよりも現在の環境で勝率に直結する要素を持っているかどうかという点で評価
勝ち筋を展開する能力、負け筋を消す能力、対面性能といった面を重視して簡単な説明文付き(下になるほど適当になります)

  
・Sランク

カプ・コケコ、カプ・テテフ、ガルーラ

・Aランク

マンムーミミッキュポリゴン2
  
・Bランク

テッカグヤドサイドンポリゴンZガブリアス
  
・Cランク

ボーマンダカイリュー、ゲンガー、ハッサムギルガルドオニゴーリカプ・ブルルウツロイドギャラドス
  
・Dランク

ガラガラ、ジバコイルフェローチェニョロトノデンジュモクアシレーヌカプ・レヒレサメハダーナマコブシ
  
・Eランク

スターミー、キュウコンパルシェンオニシズクモキングドラペリッパーメタグロスマッシブーンカミツルギシルヴァディルカリオサザンドラ
  
  

続きを読む

実質グラードン入りトリパ

ヤレユータンコータスバンバドロで攻撃面は実質グラードンかそれ以上になった気がするパーティ
ヤレユータントリルを遂行できなかったときの貼り直し要因として数値が高く、自身も攻撃参加できるポリゴン2
トリル軸の選出で分が悪いと感じ場合にはコータスドレディア軸で眠り粉を駆使して強引突破を狙う
  

  
ポケモン技1技2技3技4もちもの
ステータス特性
備考
コータスふんかねっぷうソーラービームまもるホノオZ
れいせい 177(252)-*-160-150(252)-91(4)-22ひでり
ワイドガードを誘うことと、HPが削れた状態でも火力が出せるホノオZで採用
バンバドロじしん10まんばりきいわなだれヘビーボンバーとつげきチョッキ
ゆうかん 207(252)-194(252)-120-*-106(4)-36マイペース
ヤレユータンとの並びが強力なためシナジーがあるマイペースで採用
ヤレユータンサイコキネシスさいはいいばるトリックルームオボンのみ
なまいき 196(244)-*-124(188)-110-154(76)-58テレパシー
とりあえずステータスが高そうな配分 HP偶数オボン
ポリゴン2トライアタックれいとうビーム10まんボルトトリックルームしんかのきせき
れいせい 191(244)-*-110-172(252)-117(12)-58トレース
呼びやすいギャラドスやもらい火ウインディに有効なトレースで採用
カプ・テテフサイコキネシスサイコショックムーンフォース10まんボルトこだわりメガネ
ひかえめ 145-*-96(4)-200(252)-135-147(252)サイコメーカー
基本はサイキネだがカビゴンオニシズクモに刺さるショックを両立
ドレディアリーフストームねむりごなおさきにどうぞまもるきあいのタスキ
おくびょう 145-*-95-162(252)-96(4)-156(252)ようりょくそ
ダウンロード意識でDに4振り
  
  
以下採用理由&個別考察等

続きを読む

WCSルール環境考察

サン・ムーンが発売して日も浅く未だレートに潜る準備ができていなかったり、環境が分からず何の育成から始めていけばいいのか分からないというような人も多い時期だと思いますが、WCSルールの対戦環境は日々目覚ましいスピードで変化しているように感じます。
そんな中で現在自分が感じていること、これからどのように変化していくのかという予想を書いていきたいと思います。
  
  
電気が強い
エスパーの通りが良い
地面 の通りが良い
の通りが良い
持ち時間制
  
  

続きを読む

モチベーションを保つ

毎年この時期に世界大会へのキップをかけた戦いが行われますが、うまいことモチベを保てずガス欠気味になって結局中途半端な取り組みで終わってしまったなんて人も少なくないのでは?と思ったので自分なりのモチベーションの保ち方を書いておこうと思います。
特に時間に余裕が無くなってくる社会人の方には知っておいてほしいし、ゲーム以外にも言えることです。
  

続きを読む

ダブルバトルの先発と後発

ダブルバトルでは"先発に置いて強いポケモン"と"後発に置いて強いポケモン"が存在する
厳密に言えばダブルバトル以外のルールにも当てはまることですが、最も大きく影響を受けるのはこのダブルバトルでしょう
このことを念頭に置いておけばパーティ構築で迷走したり選出をミスする機会を少しは減らせられるはずです。
  

続きを読む